仏教の話日記

TOKIOの山口達也を見て思うこと、人は縁次第で何でもやってしまう


 

信じられない、

まさかあんないい人が、、、

問題を起こすような人じゃないのに、

どうしてまたそんなことしたの。

マスコミが騒ぐ凶悪な事件が起きた時の

加害者を知る人物のコメントだ

 

TOKIOの山口達也氏のような事件を見ていつも思うことは

自分は今までたまたま、そのような状況に巻き込まれなかっただけで、

自分もあのような状態で投げやりな行動を取っていたら、

同じような行動を取っていたかもしれない。

 

人間は縁(状況)次第でどのようにでもなってしまうものだ

イライラした状態でとった行動は後悔につながる

そのイライラもまたイライラした状態から生まれたもの

どんどん膨れ上がってどうしようもなくなる

 

人はもともと善も悪もない

起こしてきた行動によって感情が生まれ、

感情によって行動を起こしていく、

それを積み重ねることで性格が生まれる

いい人だなあ、悪い人だなあと思うのは

人から見て都合がいいか悪いかであって、

その人自身の問題ではない

 

人はいつどうなるかわからない、

今はたまたま、問題を起こさないだけで、

何かのきっかけ(縁)で

憤怒を覚えることがあって、

目の前に包丁があったら、

どうなるのかわからない

 

子ども同様、自分自身も

いい環境(縁)、

プラス感情が生まれるようなところに身を置くべき

悪い縁と出会ってしまったとき

それをどのように受け止めるかである

老い、病、身内の死と出会ってもどのようにしていけばいいのかを考える

その「受け止め」を練習しなければならない

 



~~~~【お知らせ】~~~~
8月23日(木)18:00~20:50 親子参加イベント、円相寺のお地蔵様まつり(元愛$菩薩の法話&ライブ)

9月8日(土)朝7:00~ 写経体験とミニ法話

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)

        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48