仏教の話日記

TOKIOの山口達也を見て思うこと③ 自分の周りは変化してやまない、何をすべきかを考えて、努力すべきである


 

いつまでも原因を考えても仕方がない

起きてしまったことは受け止めて

そこからどうするのかを考えること

どうしていくべきなのか、

どうなったらいいのか

今日すべきことは何のか

今すべきことは何なのか

を考えて実践しなければならない

 

過去の事はタイムマシーンがない限り変えられない

だから、

過去の事で留まってはいけない

過去の事に囚われてはいけない

囚われこそが悩みの原因だ

 

どうでもいいことを考えてはいけない

あの世のどうなっているのかという質問に

お釈迦様は何も答えなかったのは

そんなこと考えず、

今すべきことを考えて、

努力すべきだと

 

常に無常であることを認識しなければならない

世の中は変わっていくのである

過去の事は過去の事

それにこだわるからいつまでも前に進まない

何をすべきか

何がしたいのか

自分はどうなることが理想なのか

一瞬一瞬時が過ぎ去ってしまう、

無常は迅速だ、

だから、

課題を見つけ、努力すべきだ

それがお釈迦様の最期のことばである「精進せよ」の一言につきる



~~~~【お知らせ】~~~~
8月23日(木)18:00~20:50 親子参加イベント、円相寺のお地蔵様まつり(元愛$菩薩の法話&ライブ)

9月8日(土)朝7:00~ 写経体験とミニ法話

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)

        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48