仏教の話

8月24日は地蔵菩薩の縁日です


 

どこかのお寺に

ぽっくり地蔵といって、

寝たきりや、認知症にならず

家族に迷惑かけずに

ある日ぽっくり往生したい方のためのお地蔵様がある(らしい)

 

それを聞いた

あるおばあちゃんがぽっくり地蔵のお参りツアーに参加したこと

 

その帰りのバスの中で

なんと心臓麻痺で亡くなった

 

さあ、これで

「おばあちゃん!ご利益あったよかったねえ」と

喜ばれるだろうか?

 

この世は自分の都合よくいくはずがない

そもそも自分の都合が苦しむ原因なのである

 

 

とはいえ、

いつの時代も

どうにかしてほしいという切実な願いがある

 

まったく願いがないというのも「味がない」

というか、人間らしくない

 

お地蔵さんはそんな

この世の力ではどうにもならないことを

お願しに行く民間信仰であることが多い、

 

特にお地蔵様は

子どもを救う菩薩とされる

それは

幼くして亡くなった子どもは

賽の河原で石積をさせられ苦しむと言われ

その救世主として現れるという

 

そんな方おとぎ話でしょと思うかもしれない

しかし、

このお地蔵様の縁日である8月に

地蔵様が現れた

 

それが山口で行方不明の二歳児を救ったあの尾畠春夫さんである

 

尾畠さんだからこそ救えた

 

なぜなら

あの方こそ生きた菩薩さまだから



【円相寺副住職のイベント情報】
12月15日(土)朝7:00~ 写経体験とミニ法話

12月15日(土)14:00~17:30 お寺de遊ぼう(ボードゲーム&子ども人狼会@円相寺)

1月19日(土)14:00~17:00 3人のオジサンとお寺で楽しく自分を知る時間



↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをクリックすると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48