書道関係

どうしたらキレイな字を書けるようになりますか?


 

どうしたらキレイな字を書けるようになりますか?

という質問

 

答え

何時間も書くことです

何年も書くことです

書く習慣をつけることです

最低、週に5回以上書くことです

10枚毎に添削を受けることです

頭がクラクラするぐらい書くことです

腱鞘炎になるほど書くことです

腰痛になるほど書くことです

言い訳せずに書くことです

 

とにかく書くことです

 

今書けなくてもそのうち書けるようになります

ある日突然、書ける日が来ます

その「ある日突然」が訪れる日が来ることを信じて書くことです

 

何度も何度も書く

書いているうちに何も考えなくなる瞬間があります

突然、偶然にいい擦れが出て

引き込まれるような字を書くことがあります

 

ファインプレーは

すごく集中した時に起きます

書道も同じです

だから

書道はスポーツと同じなのです

 

安西先生の言葉はまさに言い得て妙です

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

 

書くことを諦めない以上

どんな年齢でも上達します

 

スポーツは若さに勝てませんが

書道はそれに及びません

 

その年齢のいい部分が出ます、

その人柄のいい部分が出ます、

 

書いて書いて書き続けると

何かが見えてきます

 

継続は最強の力です

とにかく書きましょう



~~~~【お知らせ】~~~~
11月17日(土)朝7:00~ 写経体験とミニ法話

10月15日(月)14:00~15:30 ちょこぼうるのおんがく会~お寺でクリスタルボウル~

10月27日(土)14:00~17:00 お寺de遊ぼう(ボードゲーム&子ども人狼会@円相寺)



↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをクリックすると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48