仏教の話

うーん、よく答えられなくて恥をかいたぁ〜勉強不足は恥〜


 

うまく答えられなく恥ずかしい思いをした瞬間

仏教には「○○してはいけない」という「戒」があり
それは絶対的な存在から命令されるものではなく
自らの習慣化することによって
自然と「○○したくなくなる」に切り替わって、そのいい習慣が自分を守るもの

(そのように私は捉えている)

犯した罪によって罰せられるものではないが
初期仏教においては月に二回4人以上で
この反省会が行われていた

ではこの反省会をいろんな宗派のお坊さんと
やってみましょうという話になった

それで
戒というものがそもそもない浄土真宗のお坊さんに
浄土宗に「戒」があるけど、
それってどういうものなのか
と質問され
正直、うまく答えられなくなり

聞いてた人も、?の顔をされて

私が恥ずかしい思いをしたのである

(改めてゼロから戒を勉強する必要がある)

今のところ、私の捉え方として
戒はいわばクリスチャンでいう洗礼で

仏教徒としての基本だから
戒を守ることは仏教を遵守すること
念仏=戒で
念仏によって悪い習慣をよくする

しかし、
念仏ってそもそも
その戒すら保てない人(凡夫)を対象にした方法であるのに
念仏が戒を守ることになる、
ということと矛盾する

だから、
私はこれを浄土宗の広範囲の守備と捉え
念仏はそういうご利益もあると思っている

「善人は善人ながら、悪人は悪人ながら、
うまれつきのままにて念仏し~」
と法然さんがおっしゃるように
悪人だけではなく善人も対象に入るのが浄土宗

念仏三昧によってそうなった方もいらっしゃるが
実際、どうだろう
私はそもそも戒を自覚しているだろうか
そもそも「無戒」になってはいないだろうかと
反省ばかりであった

今は宗派という、いわば「メンバー規約」によって
その宗派の僧侶を名乗っている

もし、僧籍を剥奪され
宗派という枠から出た場合
自分が僧侶であるという証明は何をもって示すのだろうか

僧侶が僧侶たらしめているものは何だろうか

私に「戒」について質問してきた浄土真宗のお坊さんは
法事、葬式、通夜、法務はもちろん、
ちょっとしたあいさつでも
法話をするようにしているそうだ
それが「マイ戒」と言っていた

なるほど「マイ戒」
いい響き
生きるための課題

私で言うと念仏とブログか(ドラクエも)
習慣化することによって
戻りたくないなあという思い

みんな「マイ戒」をもとう



【円相寺副住職のイベント情報】
4月20日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

6月22日(土)14:00~16:00 ワークショップ「死の体験旅行」

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをクリックすると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48