仏教の話日記

天国じゃないよ極楽浄土だよ~お彼岸について思うこと①~


 

天国じゃないよ

極楽浄土だよ

 

彼岸=極楽浄土

 

お彼岸はご先祖様を供養する期間

という認識でいいと思います

 

お彼岸の由来をGoogle先生に聞いてみると

「日想観」といって

太陽が真西に沈む時に

その方向に向かって

亡き人がいる極楽浄土に思いを馳せる

といった説明ですが

私はいつ聞いてもピンと来ないのです

 

たしかに

彼岸という名前の由来は

彼は彼氏という意味ではなく、指示語

彼(か)の岸、

むこうの岸

悟りの世界を意味し

それから極楽浄土を意味するようになりました

 

しかし、私は

(日想観を)やっている方を

あまり見たり聞いたりしません

 

実際やったことありますが、

眩しいこと限りなし

 

皆既日食の観察並みに

遮光板がいります

 

以前もブログで書きましたが、

お彼岸は

皇室の影響だと思っています

聖武天皇のお墓参りから始まり

歴代の天皇の命日を

年に二回、春と秋に分けて

皇霊祭という行事にして

供養されてきたからです

 

それと

暖かくなり動きやすい季節だからでしょうね

 

なにはともあれ

普段の生活から離れて

非日常的な行いをするということは

日常生活を見つめることになります

 

善行を積み

よき方向に向かいますように

 

お彼岸は南無阿弥陀仏と唱えましょう



【円相寺副住職のイベント情報】
7月27日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

8月23日(金)円相寺のお地蔵様まつり19:00~20:30参加無料、当日参加OK、

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをクリックすると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48