仏教の話

息子からの質問「なんでお経を読むの?」~お彼岸で思うこと②~


 

息子が学校の友達から

「なんでお経を読むの?」

と聞かれ、その答えを知りたく

私のところにやってきました

 

私は大きく言うて二つあると答えました

 

一つ目は

自分の心を落ち着かせるため

心が落ち着いてないと正しく物事が見えなくなり

悪いことをしてしまうんだよ

 

二つ目は

亡くなった方の供養のため

食べ物をお供えすることもうれしいけど

一番うれしいのは生き残った方のお経の声

誰でもできる南無阿弥陀仏は特にうれしいらしいよ

 

ついでに

なんで仏壇に向かってお経を唱えるのかというと

 

仏壇はお寺の本堂のミニチュア

お寺の本堂というのは極楽浄土のミニチュア

つまり、仏壇は極楽浄土のミニチュア

亡くなった人は極楽浄土にいますよということを

表しているのが仏壇で

お位牌は亡くなった方そのものを表す

 

毎日お寺に行くことができるなら

仏壇はいらないよ

そんなことできないから

家に仏壇を置いて毎日お参りするからだよ

(キリスト教徒が毎週教会に行く理由は家に祭壇を置かないためとも言われます)

 

毎朝、お寺の本堂にお参りに

行けるってすごいんだぞ

 

と答えました

息子は納得した顔を見せてくれました

 

めでたしめでたし

 

お彼岸は南無阿弥陀仏と唱えましょう



【円相寺副住職のイベント情報】
5月18日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

満員御礼締め切りました(土)14:00~16:00 ワークショップ「死の体験旅行」

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをクリックすると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48