日記

世の中は〇〇の二文字の置き所、治まるもこそ、乱るるもこそ


 

世の中は

“こそ”の二文字の置き所

治まるもこそ、乱るるもこそ

 

昔の人は偉かったと思います

こういうことばが伝わっているのですから

今も何ら、昔と変わりません

 

人間関係はこの「こそ」の付け方で

変わってきますね

 

オレがやったから“こそ”

という自分にこそをつけると

そりゃ、なかなかうまくいきません

 

このプロジェクトは

私がいたから“こそ”できたものだ

という「私」が働くと

それ以降は大変なことになります

 

これが家庭の中ではどうでしょう

一家の大黒柱が

オレがオレが、、、働いているこそ

という「こそ」の使い方では

家の中に光がさしません

 

あなたがいたからこそ

家内がいたからこそ

みんながいたからこそ

上手くできたのだ

 

というおかげの心が

昔から

人間関係を良くするものです



【円相寺副住職のイベント情報】
5月18日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

満員御礼締め切りました(土)14:00~16:00 ワークショップ「死の体験旅行」

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをクリックすると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48