日記

母の日テストを見て思うこと~じゃあ、どうする?~


 

なんだかんで言うても

やっぱり日本は母の国

 

母の日テストというものをテレビで知り

さっそくGoogle先生に見せてもらった

 

それで

 

私は母のことを何にも知らないことがわかった

 

しかし、

知らないことはたくさんあってもいいじゃないか

じゃあ、例え大部分を正解できたとしても

それを分かった気になっているのは

おこがましいような気がしてならない

大切なのは感謝と敬う心

 

NTTの広告だったと思うが

「ぼくが母のことを考えている時間よりも

 母が僕のことを考えている時間の方が

 きっと、長いと思う」

という言葉があった

 

どれだけ母は常日頃、案じているだろうか

 

それにより、どう考えている必要があるのだろうか

ざっと見た母の日テストの中で

一番気に入った問題はこれ

「あなたの母があなたにこれだけは

大切にしてほしいと思っていることを書きなさい。」

 

おそらく、

「家族の健康と夫婦仲睦まじさ」を願っているだろう

 

なんとも普通であり、当たり前だが、

案外これが難しいのは読者の皆さんもお分かりになっていると思う

 

最後にこのツイートを紹介して

締めくくります

@kongouji093   

「母死んで拝む両手があるならば生きてる内に肩一つ揉め、の言葉

死後に手を合わせ、線香、念仏、誰でも出来る。

が、老いた親を世話するは大変。

わがまま、小便、大便お漏らし。汚い。

が、そんな体に誰がした。

産んで育ててもろうて、身を粉にして働いた挙げ句の姿」と。



【円相寺副住職のイベント情報】
6月15日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

満員御礼締め切りました(土)14:00~16:00 ワークショップ「死の体験旅行」

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE
副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをクリックすると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48