仏教の話

死に逝く人は独りで孤独で孤立していくから恐怖、ではどうしたらいいのか


 

死に逝く人は独りで孤独で孤立していくから恐怖、ではどうしたらいいのか

 

私が思うに

孤独とは誰も分かってもらえないこと

孤立とは誰とも接点がないこと

独りとは文字通り、“ひとり”の状態

 

中には独りが好きという人もいる

独りの時間は自分を成長させてくれるかもしれないが

病室で死を迎える時の独りは全然違う

 

孤独は知り合いがいて友達がいて、家族がいても

自分のことをわかってもらえない状態

 

しかし、

孤立となると誰も頼ることができず

人と縁が途絶えているようなこと

 

「死」を迎える人は

この三つが重なる可能性があるから怖い

 

無量寿経というお経の中にも

「独り生れ独り死し、独り去り独り来る、」

人生とは寂しいものだと説いている

 

では、どうしたらいいのか

 

『死に逝く人は何を思うのか~遺される家族にできること』(佐藤由美子)

にはこうある

>私達周囲の人間にできるのは、

 死と向き合う人たちが自分の気持ちを表現した時に

 それを疑わず、信じることだ。

 それがどんなに矛盾した感情でも、

 自分の気持ちと違っていても。

 もしあなたが大切な人の「死」を受け入れられないとしても

 彼らの「死に対する気持ち」を受け止めることはできるはず。

 そして、あなたの受け止める心が、

 患者さんの精神的な回復につながり、

 つらい時間を乗り越える力となる。

 彼らが穏やかな死を迎えるのに必要なのは、

 何においてもまず、理解してくれる人の存在である

 

日ごろの信頼関係の構築が問われる

こうなるから、

やはり、常日頃が大事



【円相寺副住職のイベント情報】
9月14日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48