仏教の話

人が死に向かう時に引き起こす三つの執着心


 

仏教では

人が死に向かっている時に「三つの執着」を起こすと言う

執着とはこの場合、現実と理想の乖離によって引き起こす心の煩いで

簡単に言うと、“手放したくない”という気持ちである

 

●一つ目は家族、親戚、財産に対する執着(境界愛)

自分だけ愛する人と別れなければならない恐怖に苛まれ

ずっと苦労して貯めてきたお金を手放さなければならない

 

>家族や部下が家に大勢いても

連れていくことはできないし、

宝は蔵にいっぱいあっても

何の役にも立たない

ただ自分に従うものは

“後悔の涙”である

と法然上人は言っている

 

また、よくドラマで

「できることなら代わってあげたい」というが

それは代わることができないから言えることだろう

 

●二つ目は自分の命に対する執着(自体愛)

つまり、死にたくないという気持ち

 

エリザベス・キューブラー・ロス氏が書いた『死ぬ瞬間』の中に

人が死の知らせをうけてどのように心が変わっていくかを

五段階にわけて説明している

①否認:告知を知り、そんな馬鹿な・・

②怒り:なぜ自分だけがこんな目にあわなければならない

③取引:ああ神様、こうしますから病気治して・・

④抑うつ:神仏でも治せないことをしって無力感が深刻

⑤受容:死を受け入れて静かな境地になる

 

だが、玉置妙憂さんが言うには

実際には⑤まで行くことはなかなかないらしい

①と②を繰り返す方がほとんどだと言われる

キューブラー・ロス氏は

最後「死にたくない」と言って亡くなっていったそうだ

 

●三つ目の執着は

死んだらどうなるのかわからない不安(当生愛)

これはどう考えても証明できない

「無」になるという意見もあるが、

それなら無になったという認識もできないはずなのだが、

どうなのだろうか

 

法然上人は

阿弥陀仏の来迎(おむかえ)によってこれらの執着心を消し去っていただき

心静かに最後の最後を瞬間を迎えることが出来ると言っている

 

その阿弥陀仏の来迎を叶うに必要なこととは

南無阿弥陀仏のお念仏を唱える習慣である



【円相寺副住職のイベント情報】
9月14日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48