仏教の話

なぜテレビは韓国のあの問題ばかりを取り上げるのか~韓流で学ぶ仏教~


 

なぜテレビは韓国のあの問題ばかりを取り上げるのか

 

妻曰く

韓流ドラマに構造が似ているためだと。

なるほど

 世界で最もテレビを見るのは日本の女性と聞く

その日本の女性にウケがいいのは韓流ドラマ

 

韓流ドラマの構造は言わずと知れたドロドロ劇で

気にしなくてもいいのに、周囲を杞憂し

寵愛をいただこうと邪魔者を消すために

“毒盛り”を常套手段として使うらしい

 

毒を使いたがるのは

己の心にある毒が溢れかえって表に出た証拠

 

仏教では

人は三つの毒を持つと説く(煩悩をまとめると三つになる)

 

●一つ目は貪り(むさぼり)

渇愛とも言われ

喉が渇きってしまっている時の水を求めるあの欲を言う

満たしても、すぐにまた満たされない欲が出る

 

たとえば、

遺産相続で財産が見つかると

「おれ、わたしのものだ!」と飛びつくようなこと

 

たとえば、

ありのままを受け止めて欲しい、

かまって欲しいという承認欲求

SNSで「いいね」を欲しがっているようなこと

 

●二つ目は瞋り(いかり)

かっとなって怒ることを始め

イライラしたり、モヤモヤしたり

なんとなく心が晴れない状態、

負の感情全般をこと言う、

 

そういう状態で行動を取るといいことはない

「怒りは無謀に始まり後悔に終わる」と言われる

その後悔はさらに瞋りを増幅される

 

●三つ目は愚か(おろか)

人との比較による愚かさではなく

・自分がなぜ苦しんでいるのかがわかっていない

・自己中心的な、エゴイズム

・時間軸や全体の繋がりを見通すことができない

・諸行無常と諸法無我を理解できない

といったもので、貪りや瞋りを引き起こす最も厄介な心であり

これを無くすことは自分の親友を裏切ることぐらい難しいと

お釈迦様は言う

 

毒(愚痴)を吐いたら、

本人は気持ちいいかもしれないが

根本的に解決することはない、

 

煩悩が服を着て歩ているのが人間

自分では気づかない目には見えないレベルで積み重ねていき、

表に出た時には悪いと思っていないし、バレないと思い込んでいる

そうなる前に心のリセットが必要

 

だから、

お経と唱えるとか、

念仏を唱えるとか必要になってくる

 

南無阿弥陀仏と唱えると

阿弥陀仏がこの三つの心を清らかにしていただくように働きかける

ほったらかしにすると

どんどん、この毒がたまってくる



【円相寺副住職のイベント情報】
9月14日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48