仏教の話日記

人はサイズが合わない服を着て生きている?


 

人はサイズが合わない服を着て生きている?

 

節目節目を迎えて

サイズが合わないような服を着て

それを自分が

合わせるように

合うように生きている感じがする

 

子どもが生まれて

“親”という服を着るようになる

 

ある地域に混ざり

そこで“立場”という服を着るようになる

 

私は23の時

“僧侶”という服を着るようになり

現場に出ては

違和感と戸惑いの日々だった

 

そんな時、ピンときた本に出会う

それが遠藤周作さんの本

 

遠藤周作さんは

自分が信仰しているキリスト教は

まるでサイズが合わない服を着ているようなものだ

と書いてあり、

どこかホッとしたのを覚えている

 

また

信仰とは99%の疑いと1%の希望である

という名言や

小説を書く理由が

一生かけて自分のサイズに合うようにしていくため

という動機に私は随分と励まされた

 

フレッシュマンのスーツはどこかぎこちない

お坊さんになりたて人もどこか“着せられた感”がある

 

けれど

最初はそういうものだと思う

 

いろんな縁に出会い

いろんな選択をしていって

グラデーションでだんだんと進み

気がつけば

与えられた服を着こなすようになり

本人はまだまだと思っていても

他人から見たら

立派な佇まいになっているものだ

 



【円相寺副住職のイベント情報】
12月21 日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

11月28日(木)朝10:00~12:00お寺でヨガ(お寺yoga協会による)

11月30日(土)朝7:30初めてお経を唱える方のための読経体験&そのレクチャー

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48