日記

阿弥陀様の誕生をお祝いする行事=十夜法要~浄土宗と浄土真宗さんの違い~


 

浄土真宗さんも南無阿弥陀仏

私のお寺、浄土宗も南無阿弥陀仏

だけど、ちょっと阿弥陀仏の捉え方が異なります

 

浄土宗のお寺はこの時期になると

阿弥陀仏の誕生をお祝いする法要が

開催されます(十夜法要といいます)

 

浄土真宗さんにはこういう法要はありません

なぜなら、浄土真宗さんの阿弥陀仏は「最初から阿弥陀仏」だからです

(え???)

 

浄土宗の阿弥陀仏は

はるか昔、元菩薩だった時(???)

「自分が仏に成ったら、こういう世界(極楽)を作りたい!」と願いを立て

その願いを達成するため

とてつもない時間をかけて修行されて仏となりました

ですから、いきなり仏ではなく

ちゃんと苦労して仏になった方です

 

極楽ってどこにあるの?

 

西の方のはるか遠くにあります

 

決して、

この地球のどこかにあるわけはなく

自分の心にあるわけではなく

お墓の中にあるわけではありません

 

この世界とは別にあると考えた方がいいかもしれません

 

別にしている理由は

良くも悪くも縁によって生かされる、つまり

因果応報の法則で成り立つ私達が住む世界と峻別するためです

 

“救われる”という意味は

縁によって欲に振り回される状態からの脱出です

この世界にいる以上、自分の欲との戦いですのでまだ救われていないわけです

だから、何度も南無阿弥陀仏と唱えます

 

浄土真宗さんは

阿弥陀仏の救いを信じた瞬間、

この世を極楽と捉えます

だから、何度も南無阿弥陀仏を唱える必要はありません

(もうすでに救われているから)

 

浄土宗と浄土真宗さんは

こんなにも違うのです



【円相寺副住職のイベント情報】
12月21 日(土)朝7:00~8:30写経体験&ミニ法話

11月28日(木)朝10:00~12:00お寺でヨガ(お寺yoga協会による)

11月30日(土)朝7:30初めてお経を唱える方のための読経体験&そのレクチャー

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48