日記

みんな違ってみんないい、多様性を認めることが難しい理由


 

みんな違ってみんないい、多様性を認めることが難しい理由

 

観念が固定してしまっているため

みんな一緒の方が安心だし

考える必要もないし

楽でそれなりに幸せを感じるから

 

だって

人はどうしても比べてしまい

優劣をつけたがる本質を持っている

 

特にあまり苦労せずに

“自分”が考えている価値観で努力をしてきた方は

相当難しい

 

「自分ばかり我慢している」

「なぜ自分だけ」と

人を見下し、

自分の我慢を他人に押し通し

そうならなかったら嫉妬して誹謗する

 

ここで“苦労”って何だと考えたら

“自分”というものをどれだけ意識して離れて考えたか

だろうと思う

 

自分の考え、価値観、方向性を頼りにするのではなく

一旦それを横に置いて物事全体を見るというスタイル

 

仏教では物事をどのように捉えるのかと言えば

「つながりをどれだけ意識するか」だ

(これを縁起という)

 

これがある程度出来て

“自分”の意識、価値観、思想に戻るといいかもしれない

まさに「自分らしく」という言葉みたいに。

 

だから、

この自分を離れるということは

かなりの難行であるために

一人一人の個性、多様性を認める社会になるには

まだまだ時間がかかるだろうなあと思う

 

今の若い人に

今まで通りを押し通し、

「変わる事なんてしなくていい

けど

後のことは知りません」

という姿勢は見せないでくださいね



【円相寺副住職のイベント情報】
2月予定 写経体験&ミニ法話

【毎週木曜】朝10:00~11:30お寺でヨガ(お寺yoga協会による)

1月25日(土)朝7:30初めてお経を唱える方のための読経体験&そのレクチャー

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48