日記

アウトプットは最高の脳トレ、成長したいなら「行動(アウトプット)」しよう


 

アウトプットは最高の脳トレ、成長したいなら「行動(アウトプット)」しよう

 

まずは「好きを仕事にする大人塾かさこ塾」のかさこさんに感謝したい

さすがはかさこさん、

素晴らしい本をFacebookで紹介していただいた

(それにしても、かさこさんの投稿数が半端ない)

 

それはもう

久しぶりに鼻息が荒くなったくらいだ

 

どんなに本を大量に読もうとも

それをどれくらい理解したかどうかは

アウトプットによる

 

つまり、

本質をとらえ、

人に話したり、簡潔に文字におこせたかどうかは

「出力能力」による

 

たとえば、

ベストセラー『嫌われる勇気』を読んだ方に

どんな内容だったかを聞くと

ほとんどの方が「えっと・・・」と答えられないそうだ

それは内容を理解したとは言えず、もちろん

どうすればいいのかという行動(アウトプット)

には移せない

 

インプットとは「読む」「聞く」

アウトプットとは「書く」「話す」ことで

その黄金比は

3:7

アウトプットを前提としながら

インプットを行うと必ず変わってくる

 

筋トレと同じであり

反復反復行うことで変化し

世の中が変わって見えるようになると(気づき)

自己成長し、楽しくなり

「圧倒的な」結果を得る

 

伝わらないという悩みはないだろうか

それも筋トレというアウトプットを繰り返せばいい

自己紹介が苦手という方もいる

それもちゃんとしたアウトプットを繰り返し

30秒用、60秒用の鉄板ネタを作成すれば

その機会はチャンスになるし

仕事やプライベートでも最初の掴みはOKになり

とんとん拍子に上手くいく

 

これを読んで

ますますブログの尊さがわかった

SNSの凄さも納得できた

お坊さんなら究極のアウトプットは

「法話」だろう

これにはそれまでの知識教養と行動“生き方”すべてが詰まっているといえる

 

子どもには日記がいい

誰でも平等に出すドリル宿題はやめて

日記にするべきだ

書くことはできがいい悪いにかかわらず

平等に「考えさせる」トレーニングになる

私は小学4年生の時の担任が日記を日課に出していたので

その甲斐あってか、書くことが苦にならずにすんだ

 

人生は結局、

自分をどう表現するか

つまり、どう自分を“伝える”かだ

 

自分という価値

商品の価値

会社、組織の価値をどう伝え、

人と関わっていくのかである

 

いきなり最初はできやしない

作者の樺沢氏は40歳をすぎて

インプットとアウトプットの比率に気づいたそうだ

 

本のあとがきにはこう示してある

「私よりもはるかに早く、アウトプットの重要性に気づいたあなたはこれから10年で飛躍的に自己成長し、輝かしいアウトプット人生を送ることは間違いないでしょう。40歳を超えているという方も、がっかりする必要はありません・・・・」と

 

さあ、

今まで通り「コツコツがこつだ」



【円相寺副住職のイベント情報】
3月14日(土)朝7:00~8:30「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30お寺でヨガ(お寺yoga協会による)

2月29日(土)朝7:30初めてお経を唱える方のための読経体験&そのレクチャー

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!


【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
        

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48