仏教の話

心の荷物をほんの少し降ろして休む場所を探そう


 

心の荷物をほんの少し降ろして休む場所を探そう

 

あるご婦人が私を訪ねて来た

 

どうしようもない

どうすることもできない

やり切れないこの想いを

持ってきました

どうか心の荷物を置かせてください

と。

 

私はその「荷物」の中身を聴いた

ご婦人はただただ涙を流された

 

私は何も言えなかった

どうすることもできない内容だった

 

しかし、

小一時間話し終わると

荷物が軽くなったのか

どことなくスッキリされたご様子だった

 

渡り鳥は小枝をくわえて

何百キロ何千キロの大海原を渡る

疲れた時はその小枝を海面に浮かべ

休むそうだ

 

生活をする以上必ずゴミが出る

そのゴミは決まった曜日に出したら

ちゃんと処理してくれる

 

心の荷物はカタツムリが背負う殻のように

決してなくなることはなく

ずっと抱え込んで行かなければならない

だから、

この重たい荷物をどこかで降ろして

じっくり休憩する必要があるのです

 

みなさんは

その場所をいくつか持っていますか?



【円相寺副住職のイベント情報】
【11/28(土)】朝7時「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48