仏教の話

本当の修行は何もしないという修行?


 

本当の修行は何もしないという修行?

 

修行といえば、座禅、滝に打たれる、瞑想。。。

などを想像する

これをすれば何か変わるかもしれないと思って

自分の心身を痛めつけることを求める方がいる

これってホントにいいのだろうか?

 

心身の厳しさ辛さを求めるなら自衛隊に入るといいかもしれないし

ドSの女王から打たれる方がいいかもしれない

また、ドラゴンボールのように

神様や界王様のところへ行って

より強くなった自分を求めるなら

心身ともに厳しいものになるかもしれない

しかし、

それはある枠組みの中で比較競争があって成り立つ話

 

私が思うに

修行というのは物事の認知、認識を変えることだろう

おそらく、

座禅や滝行、瞑想はその目的を得やすいために行われ

相当な“事前準備”が必要と思われる

なかなかどうして世捨て人でなければ難しいだろう

 

辛い時は何かしてた方が精神衛生上楽だろう、

だがほんの少しでもいい、

立ち止まって今を見つめ

今まで自分が求めていたものが蜃気楼のようなものと気づき

何がニセモノで何が本物か少し見え始め

もっといえば、

その対象を認識する自分自身を問い始めた時

世界はぐっと変わって見えてくるだろう

 

その世界は虚無的なものなんかではなく

きっと美しく甘美のようものだろう



【円相寺副住職のイベント情報】
【4/24(土)】朝7時「写経体験&ミニ法話」

【4/19開催】〜アドラー心理学にもとづく親子関係プログラム〜Passage ® パセージ

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINE

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48