仏教の話日記

日本人はいつでもスピリチュアルが好き


仏教では祟りや呪い、幽霊、呪術というものを否定します。

 

私も20代の頃はそんな感じでした。

 

しかしながら、日本に仏教が渡って1500年ぐら経とうとしてますが、日本人はなかなかこういう祟り観念から離れることができないような気がします。

 

オウム真理教やその当時、流行った新宗教がそういったことをテーマに世に出たり亡くなったりしましたが、

 

なんだかんだで形を変えて、名前を変えて、今ではスピリチュアルという名前で生き残っています。

 

仏教は否定しているにもかかわらず、ずっと祈祷や加持などを行って時の権力者から寄進を頂戴しておりました。

 

経済的理由が多かったと思いますが、日本人である以上やはりこれは否定できなかった、あるいは無視できなかった側面があると考えます。

 

私も一度は恐山に行って、亡き祖父や叔父の言葉を聞いてみたいと思っています。なんとなく嘘とはわかっていても、すごくうれしい気がします。

 

 

もちろん、私にはそんなスピリチュアルな能力は一切ありません。

 

ただ、経典を声に出して読み、念仏を唱えるだけです。

 

そんな私でも、お経を読んでほしいとご依頼がありますなら飛んでいきます。

 

人は亡くなった方と対面できたら、たとえ幽霊といえどもとても嬉しいです。

 

東日本大震災の後、被災地で幽霊目撃が多数ありました。

 

それは祟りや恐怖をもたらすものではなく、優しく包むものであったそうです。

 

遺体、遺骨が戻っていないご遺族にしてみれば、何と嬉しいものでしょうか。

 

 

いろんな迷信や俗信を否定せず、一度は受け止めて、寄り添う僧侶となりたいものです。


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48