日記

仏事の時に使う封筒の表書きで何て書けばいいかわからない時の対処法


 

封筒の表書きがなんて書けばわからない時どうしたらいいのか、

それは画像のように

「何も書かなくていい」です

 

いくらGoogle先生に聞いても、

そもそも宗派や地域で書き方が

異なる場合がありますし、

お寺の法要とかになると

白黒ではなくて紅白だったりします。

 

中身が同じでも

お渡しするタイミングで

で書き方が変わるのです。

 

葬式や法事の時に僧侶にお渡しする場合は「お布施」と書きますが、

間違って「御仏前」と書いても、それをお渡しする時点で「お布施」の意味になりますから、お寺さんはお布施だと思って受け取ります。

お寺さんはそんなことは全く気にしてません。

 

なんて書けばいいかわからない時、

名前だけ書けばいいんです

 

もし、突っ込まれたら

正直にこう言いましょう

 

わかりませんでした

 

テヘペロ

 

 

 

 

 



・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【毎週土曜】朝7:00 一緒にお祈り(お経を読むお参り)しませんか?

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

【未定】「写経体験&ミニ法話」

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48