仏教の話日記

お説教もアップデートしなければならない


 

お坊さんが仏教とはそもそも何かという話をしているのをあまり聞かない

うちは〇〇宗だからということでいきなり、念仏、題目、座禅から入ってしまう。

同じ宗派のお寺だから、それを話すということが前提なので、当然といえば当然。

だがしかし、

なぜ、その行をするのか(念仏や題目や座禅)理由を説くにはそもそも論が必要なのではないのか?

ありがた節、予定調和になりがちに終わってしまうことが多い気がする。

話しを作る上で、聞きたいことは何なのかということを一番に考えなければならない。

 

それにはいろんな方と接する必要がある。

相談に乗る必要がある。

いろんな経験をする必要がある。

あらゆる知識を知る必要がある。

人は何に苦しんでいるかを研究する必要がある

そして、どのような表現、見方、言い方で仏教を説いているのかを知る必要がある

 

説教もどんどんアップデートしなければならない


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48