仏教の話日記

布施の一つ「眼施」、優しい眼差しを向けるだけで幸せは跳ね返ってくる


 

前回の布施についての続きです。

布施は与えること、お金だけではなくちょっとした気遣いで無限にできます。

 

返報性の法則

元気よく挨拶すると、よほどのことがない限り元気よく挨拶が返ってきます。

笑顔を与えると人も笑顔をくださいます。

優しい言葉をかけると優しい言葉が返ってくるようになります。

返報性の法則という言葉があるように、

人は施しを受けると自分もお返しをしなければならない気持になるのです。

最初は仏頂面で優しい言葉をかけてしまうかもしれませんが、

やがては本当の笑顔になります。

 

布施の一つ「眼施」

優しい眼差しを与えることを「眼施」といいます

特に優しさは「目」にあられます。

目は口程に物を言う、目は心の鏡といわれるぐらいその人の内面が表に出てきます。

本当かどうか目を見ればわかるということです。

優しい目で見つめられると人は心を許し安心して話をし始めます。

それがよい関係性を作っていき、幸せの種につながります

 

話を聞くという修行⁈

今、自分の話を聞いてもらいたい人がどれ程いますでしょうか?

先日、大村で「お坊さんスナック」というお店が一日できたそうです。

マジック・バーを借りて、お坊さんがスナックの店員となり、お酒を飲んでもらうイベントがあったそうで、それはそれは大変な話題となりローカルニュースにもあげられました。

お寺に行くのはちょっと敷居が高い、しかし、みんなお坊さんに話を聞いてもらいたいという人が結構いるということです。

話を聞いてもらうだけで人は「救われた」と感じるのです。

今度はその話をしに行った方が別の人の話を聞くという行為を行い、それがどんどん広がっていくとどんどん幸せの波が広がりますね。

 

私たちは、人に何かアドバイスをしようとしゃべろう、しゃべってやろうしてしまいます

そうではななく、ただうんうんと頷くだけでいいのです。

そこで優しい眼差しを向けたら、相手はどれだけいい気持ちになって帰るでしょうか。

 

ちょっとしたことでできる「眼施」

ぜひやってみましょう

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48