仏教の話日記

なぜ姑さんの言葉は刺さるのか?


 

同じ言葉でも

義母さんからの言葉は

なんか心に刺さるっていうことはありませんか

 

それは過去の習慣から

さまざまなマイナス感情を生み出す癖が

出来上がってしまっています

 

結局、

要は自分の心の持ちようです

マイナス感情を作っているのは

相手ではなく、

自分なのです

 

しかも、

自動的に思考し

自動的に感情を作っている

そのことに気づいていない

ということです

 

心を落ち着かせていれば

嫌味を言われても

嫌味に聞こえず

「何か嫌なことでもあったのかなあ」と

他人を理解することができます

 

まずは、

すぐに口を出さず

人をよく観察してみましょう

自ずと心が落ち着いてきます

 

難しいのですが、

まずやってみるということが

大事です


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48