仏教の話日記

成仏と往生、この差って何ですか?


 

みなさん、この二つの違い、わかりますか?

 

成仏と往生

 

どこかのおばあちゃんがこう言いました

「安らかに亡くなるのが成仏」

「立派に亡くなるのが往生」

だと

 

面白いことをおっしゃるものだと私は思いましたが、

一般的にいうと同じことなのではないの?

とツッコミたくなるでしょう

 

しかし、

この二つは全く意味が異なります

 

その前に

仏という意味から説明しますと、

日本ではイメージ的に

①死体

②亡くなった方

③仏像

だいたいこの三つを指しているのではないでしょうか

 

仏教では

仏とはブッダのことをいいます

ブッダとは「目覚めた者」という意味です

(今回はこの意味の説明を省きます)

 

まず成仏とは

ブッダ(仏)に成ることで、仏教の最終目的です

亡くなったからと言って、必ずしもこのブッダになるとは限りません

日本人は古来より死んだら神になるという考え方が元にあって

それと仏教がごちゃ混ぜになって

なんとなくそういうイメージを持つようになったのです

 

チベットやインドに行くと

死んだらブッダになるという考え方はありません

 

次に往生とは

ブッダが作った国(浄土)に

「往(い)って、生まれる」ことです

 

難儀した、困ったという意味として使われますが、

元々はこの世を超越した世界(浄土)に往き生まれることを言います

 

そこに往き生まれるメリットは、

娑婆での成仏はほぼ不可能なので、

そこに行ったら、誰もが超簡単にブッダになれる点です

 

ブッダの国(浄土)は星の数以上あると言われ、

その中でも極楽(阿弥陀仏が作った国)という名の浄土が一般的に知れ渡ったのは

法然さん、親鸞さんが

ブランディングに成功したからです

 

阿弥陀仏、マジ半端ないって、

という差別化を徹底的に行って

あかん奴って言われていた人たち(宗教的な悪人)に受けが良かったのです

 

南無阿弥陀仏と唱えれば極楽に往って生まれる

阿弥陀仏、ヤバい、半端ない

こうして、日本中がナムく、ナムい日々を送れるようになったのです

 

往生の説明で南無阿弥陀仏までいってしまいましたが、

つまり、

成仏と往生は全く異なりますのであしからず

 

 

ちょっと難しかったですかね?


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48