仏教の話

法然さんのご命日1/25は何を以って感謝の意を表すのか


 

1月25日は法然上人の

(ほうねんしょうにん、上人は敬称)

ご命日です

 

このご命日に「何を」以って

法然上人のへの感謝の意を表すのか

といいますと

 

「ひたすら念仏」を捧げるになります

 

亡くなる二日前

つまり、23日に

法然上人は遺言を書かれました

 

「智者の振るまいをせずして、

ただ一向に念仏すべし」

 

人はいろんな経験や知識を得て

立場が良くなっていくと

 

どうしても

どうしても、どうしても

 

“天狗”になります

 

お坊さんもまた例外ではありません

 

お念仏の教えにおいて

天狗になることが一番危険であることを

法然上人はよくよく注意されていました

 

なぜなら

阿弥陀仏の力(他力)を求める心が

なくなるからです

 

ですから

浄土宗で偉い人ってどんな人か

と聞かれたら

立場関係なく

あーだこーだ言わずに

ひたすら念仏する人だと

私は思います

 

ご命日のこの日

詠唱であつまった方15名と

少しの時間でしたが

木魚を叩きながら

お念仏だけを唱えるお勤めを

させていただきました

 

自分の心を観察する時間を作れたことが

大変尊く、感謝の意を表せました


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48