仏教の話

見えないものをどうやったら実在するとわかるようになるのか といえば その人の行動が変わってくるからわかるようになります


 

見えないものをどうやったら実在するとわかるようになるのか

といえば

その人の行動が変わってくるからわかるようになります

 

たとえば、

幽霊がいるかどうかを調べるには

幽霊が見えると言っている人に病院の廃墟やお墓といった“出そうな”ところへ連れていき

モニタリングするとわかるかもしれません

何かを見て、突然怖い顔をして走り出し、石につまずいて膝を擦りむいたりしたら

いるんだろうなぁと少しはわかるかもしれません

 

この世に肉眼で捉えきれない物質は無限にあり

顕微鏡でしかわからない物質を見ても、

それが自分とどのような意味をもたらすのかというエピソードがなければ

「ふーん」で終わるでしょう

 

極楽が西の方角にあるとか阿弥陀仏が実在するという話は

たとえはっきり、しっかり肉眼で見えたとしても

関心のない人にとっては、見ていないに等しく存在していないのと同じです

 

その人にとって過去にどのような“苦”があったのか、

そういう見方で極楽や阿弥陀仏の存在を聞いたら、少し変わってくると思います

変わるということは、「何か」がわかるということ

わかるということは行動に出るということ

 

南無阿弥陀仏と唱えるということは

そういうことなのです

 

以前ACCM

「心は見えないが、心遣いは見える」

というコピーがありました

心の働きが行動に出てくるというだろうと思います

 

豊かな時代は終わり、心の時代になりました

心の時代は行動の時代


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48