仏教の話

お経(仏教)に出会うことも袖振り合うも他生の縁


 

お経(仏教)に出会うことも袖振り合うも他生の縁

 

厳密に言うと、

お経とはお釈迦様のお言葉のことを言います

 

お経を唱える時には大抵は

どこの宗派も「開経偈(かいきょうげ)」という言葉をお唱えします

 

無上甚深微妙法(むじょうじんじんみみょうほう)

百千万劫難遭遇(ひゃくせんまんごうなんそうぐう)

我今見聞得受持(がこんけんもんとくじゅじ)

願解如来真実義(がんげにょらいしんじつぎ)

 

無上甚深微妙の法は(最高で奥深いお釈迦様の教えは)

百千万劫にも遭い遇うこと難し(百千万劫という長い時間を掛けても出会えることは難しい)

我れ今、見聞し得受持することを得たり(私は今、まさにこうして出会える機会を得ました)

願くは如来の真実義を解したてまつらん(どうか、お釈迦様の教えを理解できますように)

 

という意味です

 

百千万劫の「劫」という時間は

100年に一度(諸説あり)天女が降りてきて、

100mの岩山の岩肌をなでる、それを繰り返し

何度もなでてその岩山が無くなる時間よりも長い時間

 

つまり、仏教に出会うことは

100×1000×10000×劫という時間を掛けても

お釈迦様がおっしゃったような悟りの教えに出合うことは難しいのです

 

今、こうして出会っているという事実を

改めて味わいたいと思います


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48