仏教の話

失っていく後半の人生にどう向き合うのか~40過ぎて思うこと~


 

失っていく後半の人生にどう向き合うのか~40過ぎて思うこと~

 

以前、ウエンツ瑛士が

「筋肉と友達は年と共に失っていく」

と言っていることを聞いて

なるほどなあと思ったことがある

 

筋肉や友達だけではなく

いろんなものを失っていくのが年というものだろう

 

『無量寿経』には

独り生まれ

独り死に

独り去って

独り来たる

誰もついて来てはもらえない

とある

 

お釈迦様は

この世の四つの苦しみとして

「生、老、病、死」

を上げたのは当たり前と言えば当たり前だけど

なかなか、それに向きあうことはできない

特に最後の死を向き合うのは

太陽を凝視できないのと同じようなこと

 

たとえ、

自分のことなら向き合えたとしても

近しい人の死はどう向き合えばいいのだろうか

これ程大きい苦しみはない

配偶者との死別に立ち直るのに

3年かかると言われ

子どもとの死別に至っては

10年それ以上とも言われる

 

「生」とは何の苦悩なのか

未だにすっきりした答えが見えてこない

「生まれる場所、時間を選ぶことができない苦」とか

「生きること自体の苦」とか聞いたことがあるが

死別の時の苦しみ、

つまり愛別離苦の後のずっと続く

「遺されて生きる苦」

これが「生」の苦なのかもしれないとふと思ったのである

 

どんなに宗教を勉強しても

実践、修行をしたとしても

この苦から逃れられない

 

けど、宗教を学び

自ら実践して、生活の軸を立てていたら

この戻りが早いのかもしれないし

積極的に前向きにならないにしても

最悪のことにはならないのではないのか

 

晴れの日に役に立たない携帯傘は

カバンの時にかさばるが

その小さいながらも

突然の雨のために

自分を守ってくれる

そんな気がするのだ


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48