仏教の話

逆境に立ち向かい、しなやかに取り戻す力(レジリエンス)を培う毎日のルーティング~なぜ拝むのか~


 

逆境に立ち向かい、しなやかに取り戻す力(レジリエンス)を培う毎日のルーティング~なぜ拝むのか~

 

最近、レジリエンスという言葉を耳にするようになりました

どんなことがあっても、

立ち直る、しなやかな力という意味です

 

竹のように

強風に振り回されても

何事もなかったように立っている力を

今、一番求められているように思います

 

どうすれば、そのレジリエンスを培うのか

何かすごいことをするわけでもなく

毎日、毎日、同じ行動を繰り返すことにあるのかもしれません

 

たとえば

お坊さんの朝の時間

毎朝、毎朝同じようなことを同じ時間にする

お経、掃除、朝ごはんです

起きてすぐに15分間、お経を唱えると

確実に目が覚めます

掃除をすると、

軽い運動になります

そうすると、起きて30分ぐらい経過しますので

確実に朝ごはんが美味しく入ります

 

主婦なら

毎朝の朝食作りと

子供やご主人のお弁当作り

これって、まさに修行

ものすごいことです

 

朝、普通に起きるということは

前の晩に普通に寝るということになります

一日の始まりである朝を大切にすることは

寝るための夜を大切にするということでしょう

休日や何でもない日は

そんな普通のことを考えませんが、

 

たとえば

家族の誰かが病気したり

家族の誰かが元気がなかったり、

家族の誰かが頑張ることができなかったり

そういう

突然降りかかって来た“何か”が起きた時

当たり前に「普通に朝起きる、普通に寝る」が

できなくなります

 

そうならないために

気持ちいい起床と気持ちいい就寝を基本にした生活を心がけるのが

レジリエンスを育むことになるでしょう

 

コロナによって失ったものは「自信」ではないかと私は思います

自粛生活は朝の時間を乱し、夜の就寝を遅くするからです

体のダルくなり、無気力が起こります

 

こうなると

自信を取り戻すのは容易ではありませんが

それは失う前、

毎朝毎朝のルーティングをされていたら

その状態を理解していますので

すぐに取り戻すと思います

 

今まで通りルーティング

これから始まるルーティング

社会を支える土台は

この気持ちいい朝と

気持ちいい就寝にかかっています


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48