日記

人は無力を知ることで仏を求める


 

人は無力を知ることで仏を求める

 

たとえば

被災地でボランティア活動を

されている方を見たり

 

家族が病気になって

だんだん痩せ細っていくのを見たり

 

子育てが上手くいかなかったり

 

コミュニケーション能力に長けている人を見て

なかなか表現ができない自分と比べたり

 

配偶者や親しい人を

支えることができなかったり

 

そういう時に

人は

自分がわかってても何もできない無力さを

知るのではないだろうか

 

以前、

なぜ人は死ぬのですか

という質問に

「無力を知るからでしょうか~」

と答えた人がいて

ホントそうだなぁと思った次第

 

仏に“すがる”

まではいかないにしろ

求めたくなるのは

無力を感じた時だろう

 

神様は人間がいなくても存在するが

仏というのは人間の苦悩を救済するために存在する

 

たとえば

お釈迦様は

「生・老・病・死」の苦悩を

解決するために修行して悟りを開かれた仏

 

阿弥陀仏は

法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)が「苦のない世界」を作るために

修行して悟りを開かれた仏

 

きっと

仏に成る前は相当に無力を感じたに違いない


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48