仏教の話

先に往った人の目を意識しながらの暮らす姿勢


 

先に往った人の目を意識しながらの暮らす姿勢

 

人生100年時代と言われる

きんさん、ぎんさんが言ってたように

長生きは「嬉しいような悲しいような」生活を

誰でも体験する時代になるのだろう

 

長く生きるということは

自分より先に亡くなった方が増えるということであり

それを意識しながら生きる

ということでもある

 

先に旅立った人にまた会える世界があるなら

その時に少しでも

いい話がたくさんできるような

生き方をしていこう

それが今後の暮らしの規範となる

 

死んだ方の目をどのように意識を向けるか

どう関わって、声をどう傾けるか・・・

 

釈徹宗先生の『歎異抄』の解説書には

そう書かれていた

この本はとてつもなくわかりやすく

そして、深い

 

南無阿弥陀仏のお念仏というのは

自分が往生(極楽に生まれること)するための行いであるが

それによってどう生きるのかが一番大事なことで

罪と悪が浄化されるなら何をしてもいい話ではない

 

死んだら終わりという刹那に生きる自分や

欲のままに生きる自分自身を省みることでもある

 

だから、

「あの世」があるということをしっかり心得ることは

遺された人にとって生き続ける確かな軸である


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48