日記

毎年、ふとこの時期に思うことは もう一年経とうとしていることで 無常迅速を恐ろしく実感することだ


 

毎年、ふとこの時期に思うことは

もう一年経とうとしていることで

無常迅速を恐ろしく実感することだ

 

20代のころ

「あの時なんであんなに無駄遣いしたのか」

という後悔があったが

今となっては

「あの時なんでボーっとしていたのか」

という後悔に変わった

 

20代のころは

体が時間(日時)に合わせ

待ち遠しい日々を送っていたが

これからは

時間(日時)が体に襲い掛かるように

押し迫ってくるイメージだ

 

法然上人は

人の命を葉っぱの上についた「朝露」に例え

「朝に生まれて、夕方の風に散っていく」

と非常にはかないものと説いている

また、

それを知らず理解しようとせず、

いつまでも若くて長く続くと思いっているうちに

いつしか無常の風が吹いて

露のごとき命がなくなったら、

私たちは荒野に捨てられたり遠い山に送られ

屍は苔が生える土に埋められる

(今でいうと夏は暑く冬は冷たい墓の下)

 

家族仲良く暮らしてても

一緒に死の旅路に付き添うことはなく

宝は蔵にたくさんあっても

(通帳にたくさんあっても)

そこでは何にも役にも立たない

ただ、後悔だけが自分の身に従うものだ

 

というように

時間の大切さ、

体が健康な時に真理を求める大切さを

説いているのを

常々身に染みる想いであります


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48