仏教の話

お釈迦様でさえ「ブラックな生活」を送っていた、ましてや~~をや、である


 

お釈迦様は35歳で覚りを開かれる前に

29歳から極端な苦行、ブラックな修行を行っていた

 

断食断水したり、

片足で生活していたり

水の中でどれだけ息を止めることができるのか

という無意味な修行

 

その時のインドの修行者での価値観では

修行で命を落とすことは有難いことと

考えられ、お釈迦様もこれを6年間行った

 

しかし、お釈迦様はとうとう

自分の問題点を解決できるまでには至らなかった

 

自分が追い求めている「何か」は

我慢、根性という延長にあるものではないと

気づかれたわけである

 

お釈迦様でさえ気がつくのに6年もかかったのである

ましてや~~をや、である

 

ブラック企業、ブラックなバイト

ブラックな部活、ブラックな校則

いろんなブラックなものがあるが

それは体験しないと本質がわからないのである

 

わかったというだけも“覚り”であり

ものすごい成長である

 

自分を取り巻く価値基準は何によって決められているのか考え、

自分の言葉で何度も表していると

それは自分自身の問題だと気づく

 

そこからモヤモヤを取り除く自分に正直な行動に出ると

我慢していた自分にさよならできるかもしれない


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48