書道関係

鬼滅の刃のあの書体を真似してみた~字はどういう練習をしたら上手になるのか~


 

鬼滅の刃のあの書体を臨書してみた

あのフォントはパソコンで作られた字ではなく

84歳の書道家が書かれた字である

 

強弱がはっきりして

勢いのある行書

真似するのはなかなか難しい

 

どういう練習をしたら字が上手になるのか

 

ひたすら

手本通りに書く練習をするのです

 

書道で避けては通れない練習は

古典の字をデッサンする「臨書」です

これによって

字の形はもちろん

起筆はどうなっているのか

終筆はどうなっているのか

線の質はどうなっているのかを

凝視して考えるため

字の“視点”を養うのです

 

その結果、

お酒のラベルに書いてあるような

オリジナルの字を誕生させることができます

 

しかもこの臨書が難しいのは

原本を手本にして練習しますので

この原本(コピー印刷)が

非常に見えづらいところにあります

 

そういう苦労を経て

いつのまにか字が上手になるのです


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48