日記

どんなに気をつけていても、体調を崩すからその時のために自分の回復アイテム、回復場所回復パーソンを探しておこう


 

どんなに気をつけていても、体調を崩すから

その時のために自分の回復アイテム、回復場所

回復パーソンを探しておこう

 

疲れというのは足音を立ててくれないために

なかなかどうして気づかないものだ

 

そして、体の不調が出た時は

もう時すでに遅し

突然、朝起き上がれなくなる日が来る

 

お釈迦様が7年間の苦行をして

身も心もボロボロになった時

スジャータという少女から乳粥の接待を受けた

この乳粥とスジャータの優しさが

お釈迦様をどん底から救ったと言っていい

 

お釈迦様は亡くなる時に

「悟りを開くきっかけとなったスジャータの乳粥と

涅槃に入るきっかけとなったチュンダのきのこ汁は

最も徳が高い」とおっしゃった程讃えている

 

昨年の1月にインドに行った時

乳粥を食べる機会があった

あの甘いスイーツは

それはそれは旅の疲れを癒してくれたものである

 

言ってはいけないことだが

21歳の時の3週間の修行中、

急激な糖分不足になった時

“どこからともなく”チョコレートが回ってきた

昔からある一口サイズに包まれたもので

あの時に食べたチョコレートは一生忘れない

たった一粒のチョコであんなに幸福感で満たされた瞬間は

以来、今だに体験したことがない

 

疲れて何もしたくない

そういう時はある

だけど、それも何か大切なことに気づくきっかけなのだろう


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48