仏教の話

今までは満開の時しかじっくり見なかったが満開を過ぎて、少し散った状態をマジマジと見ている理由


 

咲いて誇らず、散って悲しまず

 

今年は

桜の見方がちょっと変わった

今までは満開の時しかじっくり見なかったが

満開を過ぎて、少し散った状態をマジマジと見ている

 

それは桜を自己投影しているからだろう

私の髪の毛もどんどん“ベジータ化”していき

もう満開はとうの昔に過ぎている

 

人というのは

好調だなあと思っている人に近づき

下がって来ているなあと思ったら遠ざかっていく

それは良くも悪くも素直ということなのだろう

 

人を惹きつけるのはほんの僅か

あとは秋の約2ヶ月半は枯葉を撒き散らして

散々、迷惑をかけて挙げ句の果ては伐採される場合もある

 

人もまたそうなのかもしれない

諸行無常とは

「すべてのものは常に変化する」という意味だが

平家物語のように今日では

「哀れなり」を表す表現として使われることが多い

 

人の世はなんと哀れなものなのだろうか

だからこそ、

速やかに“常住なるもの”を求めよと

我々の先祖様はおっしゃっていたのだろうなあ


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48