仏教の話

だから、話を聞くことしかできないという話


 

とあるお檀家さんが

「うちのおばあちゃん、点滴を自分で抜いたんですよ

もうそろそろなんでしょうかねぇ」

とおっしゃって来た

 

ただただ、話を聞くしかない

 

人生の到達地点に立とうとしている方は

点滴や胃ろうが苦痛になるらしい

かといって、

それを辞めたら空腹や喉の乾きで苦しむだろう思うが

医者の話ではそうでもないという

 

古くなった服を脱ぎ捨てるように

体から離れようとする自然現象の一つ

 

しかし、

残された方はそう教えられたとしても

わかっていても

その時が来るのは受け入れ難い

 

だから、話を聞くしかない

 

年が90過ぎて、

世間が言う天寿を全うしたように見えていても

本人にとっても、近しい人にとっても

特別すぎる死である

 

ミャンマーやウイグルでは大変なことになっている

世界中がコロナで大変なことになっている

女性の自殺者が増えている

と情報が入ってくるが

そうはいっても、やはり人は

「今、この自分に起きている苦悩」をどうにかして欲しいと思う

 

だから、そういう方との対面は

自分の意見と判断に重い蓋をしめて

うんうんと聞くしかない


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48