仏教の話

自分のことを棚に上げることが前提の世の中でこういうことを考えること自体が困難すぎる件


 

自分のことを棚に上げることが前提の世の中で

こういうことを考えること自体が困難すぎる件

 

煩悩とは欲望のことだけではないことをこのブログで何度か申した

そして、一番厄介なのは「自分」という煩悩である

 

お釈迦様も

悟りを開いてブッダと成られた時

欲望の最高神(他化自在天)と闘った後

最後に対決したのは自分だったという

 

つまり、

どんなに欲望に打ち勝ってしまっても

自分という枠組みから離れなければ

欲望がリバウンドする

 

我慢さえしていれば、という思いなら

その後の自分へご褒美を与えないと

わりにあわないと思うのは誰からも教えられなくても

自ずとそう感じてくる

また

この思いは知らず知らずに大きくなってくるし

どこから湧いて出てくるのか何の疑問も持たなくなる

 

この自分というものに「問い」を投げかけることが

仏教を実践していくことなのだろう

 

「あっ今、自分は怒ったなあ」

「あっさっき、余計な言葉が出たなあ」

「なんでこんなにイライラするんだろう」

「満たされないなあ〜」

 

まず、

沸き起こる感情に向ける時間を持つ

そのために、一人の時間を持つ

 

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48