仏教の話

仏教の基本思想の伝え方を再度考えてみる〜縁起=無常+無我〜


 

諸行無常=時間、で考えていくのはどうだろう

すべては一瞬一瞬、変化して移ろいでいく

という説明は結局のところ、

時計の秒針は1秒1秒動いていきますよということになる

つまり、

変化というものを“見える化”したものが時計だろう

 

もし、時間というものがなかったとしても

当然、世の中は一刻一刻と変化しているのである

 

心が反応して、執着を起こしているその対象物も

時間と共に変わっていくから、ボーッとしてたら後々大変よ

だから

努力しないといけませんよとお釈迦様はおっしゃっている

 

諸法無我=存在のプロセス、

で考えるのはどうだろう

無我というのは言い換えれば

「それだけで存在することはできない」ということ

存在するには

〇〇がなければ、●●が生まれない

  • ●がなければ、◎◎が生まれない

という「〜によって、生まれる」というプロセスを見ましょうということ

 

たとえば

一枚の紙に雲を見ることができるだろうか?

 

????

 

雲がなければ、雨は降らない

雨がなければ、木は育たない

木が育たないと、人が運べない

 

そうやって紙一枚を作るプロセスの中に

いろんな因と条件があり、

その中に雲のおかげを見ることができるかという視点の提案だ

 

これによって、自我意識を見つめ

他人との共存や思いやりを生み出す

 

諸行無常=時間、諸法無我=存在

時間と存在をもとに関係性ですべてが成り立っている

これを仏教では「縁起」といっている

 

キリスト教から見た世界の成り立ちは「契約」である

すべて神が作りたもうた、ということであり

「契約」と「縁起」の考え方の違いは

欧米とアジアの決定的な点であろう


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48