日記

いつの時代でも次の世代が気がかりだが、一番しっかりしないといけないのは他でもない「自分たち」である


 

40を過ぎると、

子どもたちの行く末やその先に続く子孫のことを意識し始め

(私だけ?)

しっかりと育ってほしいという願いがますます強くなるのだが

つい空振ってしまう

 

考えてみれば

しっかりしないといけないのは自分たちの方ではないのか

 

自分が死んで骨や位牌になると(ならせていただけたならの話)

拝まれる側になる時間の方がずっと長い

お寺の住職さんとなれば、毎日毎朝その後の住職さんに拝まれる

 

さてさて

今の行いはその拝む側が納得するような行いなのだろうか

お寺に住む者はそのお寺をなんとしても長く、永く継続させる義務がある

50年、100年の視点は持っているだろうか

 

今のその行いが種となり、幹を育てて、葉や実を稔らせる

 

某消費者金融のCMを見てふとそう思った

「そこに愛はあるんか?」と

 

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48