日記

コロナによって起きた「簡略化」の波は止まるどころか、それが当たり前になりつつある


 

徐々に日常を取り戻していく兆しはあるが、

コロナによって起きた「簡略化」の波は収まるどころか、それが当たり前になりつつある

まさにお寺の行事(法要)がそれである

 

人々の心からそのように生まれるのであろうが、

お寺は決して屈してはいけない

 

お寺が気を落とし、設(しつらえ)や衣装、お供物などを簡略していくと、さらに世の人々が気を落としていくだろう

 

古来よりどんな思いでその行事を伝えていったのか

中身を伝えることができないのならば、見える部分がどんどん削ぎ落とされていく、簡略化されていく

 

機能=価格ならば、合理化され、低価格になり、消えていくが

そこに歴史、伝統という価値が入ると話が変わっていく

持続していくということはそういうことなのではないだろうか


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48