仏教の話

本当に信仰心を持っている人はきっと人と仲良くする素質を備えていく


 

浄土宗における悟りの境地というのは「愚者の自覚」

愚者というのは浄土真宗さんでいうところの「悪人」

もちろん、どっちも俗的な意味ではなく

もっともっと深い意味で

人間の闇の部分を凝視して見えてくるもの

 

自覚というのが、いわゆる悟りであって

悟りというのは高度な高次元な理解、

本当のレベルで分かるようになった境地だろう

 

そこでわかってくるものは

おそらくだが、人と仲良くする素質が自然とお備わってくると

私は考える

 

ということで、

信仰心=和合(仲良くすること)

という図式が成り立つ

 

本当に信仰心を持っている方には

きっと、人が集まるだろう

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48