日記

子どもへの教訓は「まずは大人が」というメッセージ


 

子どもへの教訓は「まずは大人が」というメッセージ

 

15年近く通っている保育園も

残すところあと2ヶ月となった

 

浄土真宗東本願寺の教えに則った仏教保育をしており

その中で最も心に響くアイテムが「日訓カレンダー」である

 

各家庭に配布され、

我が家では15年間トイレに飾って、

用を足す時間が自己を省みる時間に変わる

 

大きな字は年長でも読めるようになっているが

大事な言葉はこの下の部分の解説であり

「まずは大人」がという強いメッセージである

 

〜28日のことば〜

 

信頼している大人に、

耳を済まして真剣に話を聞いてもらえると、

子どもは喜びを感じ、

満足感にひたります。

一見たわいない話でも、

子どもに寄りそってうなずき、

共感してその流れにそってあげてみてください。

大人は子どもの話から、

平常当たり前と見過ごしていることにはっと気づかされ、

教えられ、育てられるのです。



・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【毎週土曜】朝7:00 一緒にお祈り(お経を読むお参り)しませんか?

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

【未定】「写経体験&ミニ法話」

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48