日記

危機感を持つということは物事を起こすことに一番重要なこと


 

ウクライナの抵抗を見て

すごい根性だと思うし、実際、世界が讃えている

ずっと前から常に危機感を持たされるような生活をしていたら

「自分の国は自分で守る」という意識が働くのだろう

 

危機感を持つということは

物事を起こすことに一番重要なこと

 

なぜ勉強しないといけないのかという理由は

この危機感があるかどうかである

 

平和であったとしても

その平和はどのようにして成り立っているのか

お花畑の中にいると

水面下では何が行われているのかがわからなくなる

 

武器を持たない戦争が常に起こっている

 

人と人の問題もそうだろう

もっと突き詰めると

自分自身の問題になるだろう

 

自分のことを棚に上げる自分

自分という厄介なものをどう対処していくのか

そういう危機感を持つことは自衛の一歩である

 

古来より宗教はこの自分自身を扱ってきた

なぜ、祈りを捧げるのか、

つまり、なぜお経(聖書、コーラン)を読むのかというと

自分という枠から離れさせてくれるからであり

その前提が「自分自身に対する危機感」だ

 

 



・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【8/25】18:50円相寺地蔵盆〜漫才法話がやってくる〜(予約不要)

【未定】14:00写経体験&ミニ法話

【毎週土曜】朝7:00 一緒にお祈り(お経を読むお参り)しませんか?

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48