仏教の話

いろんなものを見てきてどこか人生に対して諦めているところがある人の言葉は重い


 

いろんなものを見てきて

どこか人生に対して諦めているところがある人の言葉は重い

 

昔、上皇后美智子さまが

「でんでんむしのかなしみ」という絵本を紹介なさった時

どんなに恵まれた生活を送っている方でも

関係なく悲しみはその人自身の問題ということが

ヒシヒシと伝わってきた

 

この話の内容は

でんでんむしが「わたしの背中の殻の中には悲しみがいっぱい詰まっているんです」

と会う人会う人(別のでんでんむし)に言って周り

行く先々で「あなただけではありません、わたしもそうなんです」と言われ

何度も何度も訪ねているうちに「自分だけではないんだ」ということに気づく

という物語です

 

私は「気づき」は天から降ってくるものと思っている

どんなに頑張ってもやってこない時はやってこない

指摘されても、認めない自分がいるからである

 

そのために常に

自分以外のせいにして

なんとかしてよ!と言い回り

不安でいろんなものに頼ってしまう

 

私が毎日お祈りをするのは

この「気づき」を下さるからと思っている

また、

「気づいた」としてもなかなか悪い癖がやめられない自分がいる

どうしようもない自分がいる(という「気づき」がある)

だから、さらにお祈りする

 



・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【毎週土曜】朝7:00 一緒にお祈り(お経を読むお参り)しませんか?

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

【未定】「写経体験&ミニ法話」

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48