日記

ご本人から直筆サインをいただいた本を読む


 

ご本人から直筆サインをいただいた本を読む

絶対に会いたくないような最愛の方との死別によって

どのような道を歩んできたか、

その思いを綴った本

 

「グリーフは抱えたままでいい」

という言葉に至るまで

どれ程の苦しみがあったのかは

本人しかわからない

「わかる」と口にするのは傲慢

 

喪失から回復に至る道は

行ったり来たりの“ゆらぎ”のようだ

 

何度も何度もくじけそうになったり

急に恐ろしいまでの不安に襲われたり

その故、酒に逃げたり

 

何年経っても、その繰り返し

まさに、ゆらぎながら

である

 

 

死を迎えた方は

物事の本質を捉えるようになる

何が大切なのかがわかるようになるのだろう

 

生きるというのは

故人が残した言葉をどのように実践していくかだ

 

その実践を続けていくことで

本当に伝えたかったことがわかってくる

 

言葉は方便であり、

その奥にはあるもっと深い想いが本質

それによる喜び、笑顔が目的

 

宗派を立てたお祖師さま達もそうだったんだろう

言葉だけではわからない

ただ、私たちは

おそらくそうなんだろうなという予想と希望で

実践していったら、やっぱりそうだんだと

人生の晩年で答え合わせができる

 

「そうなんだろうなあ」という予想、希望が

いわゆる“信仰(仰せを信じる)”なんだと思う



・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【毎週土曜】朝7:00 一緒にお祈り(お経を読むお参り)しませんか?

【しばらくお休み】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~17時 大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINE@お知らせが来るかも!?

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48