仏教の話写経体験&ミニ法話日記

「劫」という時間


今回写経していただく『阿弥陀経その三』と行書版『阿弥陀経その二』を謹書致しました。
なるべく読んだだけで意味がわかるようにしておりますが、馴染みのない仏教用語が出てきます。

後ろから五行目にある「十劫(じっこう」という言葉は仏教ならではの時間を表す単位です。

「一劫(いっこう)」とはどれくらいの時間かというと、
100年に一度天女が舞い降りて高さ20キロの岩山を撫でて、それを何度も何度も繰り返してその岩山がすり減ってなくなるよりも長い時間が「一劫(いっこう)」という時間です。

阿弥陀仏は仏になられて十劫という時間が経っている。ということです

考えると「億劫」になりそうですね


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48