日記

今求められている僧侶とは


本来、僧侶は世間と断絶し、山にこもってひたすら経典と向き合い、行に励み、もちろん妻帯飲酒肉食などせず、悟りを目指すものなのでしょうが、

おそらく、そういう僧侶はなかなかとっつきにくいのではないでしょうか。

僧侶が目指すものと一般の方が求めている僧侶像とでは少し解離しているのではと思うんです

傾聴スキルが高く、生老病死の苦しみに寄り添い、心に響く釈迦の教えを説くことができる僧侶を求めているような気がします。

少なくとも私はそうなりたいと思っています。

特にこの傾聴するということ、

これはいくら肩書き資格云々より、膨大な経験を要すると思います。

じっと聴くには忍耐力も必要です

なかなか地域共同体の中にあるお寺で近所の方は自分の家族の問題を相談をもちかけるのは難しいかもしれません。

だから、信頼関係が絶対必要条件ですし、そもそも相談に来ないお寺など完全に存在意義をなくしています。

あるオウム真理教信者の入会理由は「お寺はただの風景にしか見えなかった」でした。

何とかしたい、何とかしたい


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48