日記

かさこ塾がなぜ「塾」なのか?塾を終えての感想


それは宿題を出すからである。

 

子どもが通う塾もしかり、

宿題をきちんとしていれば、

その結果が自ずと現れる。

 

なぜ宿題か?

 

人はなかなか独学ができないもの、

自分の考え方が正しい方向なのかどうかわからない、

 

だから、

課題を出してもらい

提出して、添削してもらえることで、

自分の現在地がわかり、

目的地が見えてくる。

それに気づかせるのが、かさこ流の宿題だと思う。

 

 

ライザップの社長の言葉を思い出す。

人は変わることがなかなかできない生き物。

高校の時の恋人がダイエットに成功したのは

自分と一緒に二人三脚で励ましたからだと。

その自信によって、ライザップは結果にコミット(約束)している

 

 

つまり、

“自分の物差し”ほど、案外頼りないものはないかもしれない。

自分を教えてくれるものは他人という鏡なのだ。

 

しかし、人は鏡に映った自分をなかなか受け入れることができない

なぜなら、それが現実であるからだ。

 

その現実を素直に受け入れることができたら、

他人も受け入れることができる、

 

そして、仲間、同志ができる。

同じ志を立てた仲間ほど嬉しいものはない。

 

塾に必要なもの、

それは「素直」。

 

どうか、受講を考えている方はこの「素直」という難しさに

チャレンジしていただき、宿題をこなしていただきたい。

さすれば、全く新しい世界観と可能性が広がっていくに違いない。

 

 

しかし、かさこ塾を終えた今、自分自身どうなのかというと、

 

宿題を出されてた方が楽と思える。

何が必要で、次何をしたらいいかを教えていただたくから楽であった。

その結果どんどん、変わっていった。

 

最後の講義、

塾長から宿題が出た、

不覚にも自分は終わったことに安堵してしまっている。

 

半年以内にセルフマガジンを出せるのだろうか、

いろんな言い訳をしてやらない理由を探し、

Youtubeをなんとか作ったしても、

 

次は?・・・・

 

 

自力というのはホント厳しい。

一匹オオカミとはホント難しい。

 

たしかに塾長が言うように

これが本当のスタートだ

 

まだまだ、

ホントまだまだの自分

 

いつか目的地に1㎝でも進めたらと

願わずにはいられない

 

 

コーヒー片手に

末っ子が昼寝をしている間書いた記事


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48