仏教の話日記

天上天下唯我独尊は暴走族の刺繍に使われるための言葉ではない


お釈迦様はお生まれになって、東西南北それぞれ七歩歩み、

右手の人差し指で天を指し、左手の人差し指で地を指し、

「私がこの世でただひとり尊い理由は、この世は苦でありまさにそれを安じている、私はその苦を解決する方法を知っているから尊いのだ」(天上天下唯我独尊、三界皆苦吾当安此)とおっしゃった。

この時、天の竜が喜び、甘露の雨を降らせたということから、お釈迦様の誕生姿(誕生仏)に甘茶を灌いでお祝いすることが習わしとなっています。

 

以前円相寺のボードゲーム大会でお世話になった亞猫さんに(濱竹さん)お願いして、お釈迦様の誕生姿を書いていただきました。

誕生姿(誕生仏という)は特徴があり、これだけは外せない箇所をあれこれと指摘してうるさく言ったので悪く思われたかたなと思ったら、「とても楽しかったですよ」とおっしゃっていただいた。

やはり、好きなんだろうなあ。


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48